SEO 大規模サイトSEO対策(内部施策)サービス - 高IQ集団 ランドマーク 会社概要





商号



ランドマーク株式会社





代表者



佐藤広基(代表取締役CEO)

…売れる広告宣伝の研究は、今年で21年目になる。
これまでに、延べ2万3,000時間以上の研究時間と延べ5,000万円以上の研究資金(自社広告宣伝費実費)を費やし、広告宣伝の仮説検証・実験を何度も繰り返し行い続けてきた。…これまでにコンサルティングを行った企業様の広告宣伝費合計額は50億円以上あります。

1番の愛読書は、影響力の武器-なぜ、人は動かされるのか(ロバート・チャルディーニ著:誠信書房)。↓
1番の愛読書は、影響力の武器-なぜ、人は動かされるのか(ロバート・チャルディーニ著:誠信書房)。「承諾誘導・説得」の技術を使いこなせるようになるまで何十回も読み込んだせいで、頑丈だった背表紙が破れてボロボロになってしまいました。
↑佐藤の私物です。「承諾誘導」の技術を使いこなせるようになるまで何十回も読み込んだせいでボロボロになってしまいました。

前職では、全国チェーンの育毛サロン直営FC統括営業本部・広告宣伝部長として育毛サロン全店舗の集客を指揮し、年間6~7億円の広告費を使いメンズファッション誌を中心に毎月100以上の雑誌に広告を出稿していた。
その際は常に「売れる広告・売れる宣伝」を考え続け、例えば、当時1番売れていたメンズファッション誌(ギャル系メンズファッション誌)において、「その雑誌で1番人気の有名読者モデル(※このモデルさんは、誌面上で、アフロやドレッド等の様々なヘアスタイルや、赤、白、黄色、オレンジ、ネイビー等の様々なヘアカラーを披露していた。)が育毛サロンの施術を体験し、その施術中に交わされた有名読者モデルと育毛サロン女性スタッフとの会話をリアルに文章化して会話調の記事にし、読者に対して誌面上で育毛の知識を提供する。」というアイデアを雑誌編集部に売り込み、広告案から生まれたアイデアを毎号カラー1ページ分の人気連載記事に成長させ、この雑誌からの反響数を5倍にアップさせたりした。↓
人気連載記事1人気連載記事2人気連載記事3人気連載記事4
…この雑誌は当時1番売れていたメンズファッション誌であったため、この宣伝手法に関しては、『このアイデアは誰が考えたのか?』『どう交渉して出版社にOKを出してもらったのか?』『どうやって編集部を動かしたのか?』等、大手広告代理店様をはじめ、数多くのお問合せをいただきました。取引きが無かった広告代理店様や雑誌広告を出稿されている企業の広告宣伝部の方々からも数多くのお問合せをいただきました。

また、広告を出稿した雑誌1冊(1号)ごとに広告費対反響数や対売上高等の詳細な費用対効果を算出することはもちろんのこと、広告掲載誌の特集内容や広告掲載場所、対向ページの内容等も全てデータベースに登録して管理していた。
そのデータを様々な角度から分析し続けていた結果、「ある記事の対向ページに広告が掲載されると反響が増える」という法則を発見し、「その記事(※例えば、読者投稿や占い等。)の対向ページを指定して広告を出稿する」という、雑誌広告で反響率を高める広告出稿法の前例を作ったりもした。…広告代理店様の話によると、中面ページへの広告掲載でページ指定を依頼されたことはそれまでに一度も無く、中面ページのページ指定が可能かどうか?出版社と交渉したことも無かったそうです。通常は、雑誌広告でページ指定が可能なのは表2/表3/表4しか存在せず、広告を出稿していた100誌以上の全ての出版社において、毎号で中面ページを指定して広告を出稿している事業者様はそれまでに1社も無かったそうです。

インターネットの流行により雑誌の実売部数が急激に減少していく状況の中で、雑誌広告からの反響数を毎年30%以上アップさせ続けた。

雑誌広告に加えてインターネット広告にも出稿するようになった結果、雑誌広告よりもインターネット広告の方が格段に費用対効果が良いことが分かり、中でも検索エンジン広告(リスティング広告)の費用対効果が飛び抜けて良かったため、例えば「育毛」等のキーワードで検索した際に自然検索(オーガニック検索)の結果にもホームページを表示させることができたら!と思い、取引のある全ての広告代理店様に問い合わせてみたところ、その全ての広告代理店様から『対応できない!』という回答を受けた。…ホームページの検索順位を上げる技術である「SEO」は、2003年当時は広告業界でも一般的な技術ではありませんでした。
このような経緯でSEOに出会い、近い将来にSEOという技術が流行ることを予想し、2003年にSEOの研究を開始した。

> SEOに関する経歴等はこちら





本店所在地



〒453-0014
愛知県名古屋市中村区則武一丁目3番8号 野村新名古屋ビル5階

※名古屋駅西口より徒歩5分。





電話番号



052-453-8885





ファックス番号



052-453-8886





営業時間



午前9時~午後5時





定休日



土曜・日曜・祝日





業務



・SEO対策業務
・ウェブサイトの企画・制作・運営・保守管理業務(※ウェブサイトのテンプレートの貸与、ウェブサイトのホスティング等を含む。)
・広告の企画・制作及び広告代理店業務
・上記に関するコンサルティング業務
・上記に付帯する一切の業務





商標



ランドマーク(登録番号第5745892号)

・35類)ウェブサイトの検索結果の最適化、市場調査又は分析、商品の販売に関する情報の提供、経営の診断又は経営に関する助言、コンピュータデータベースへの情報編集、広告業、トレーディングスタンプの発行、広告用具の貸与、求人情報の提供、職業のあっせん、等
・42類)電子計算機用プログラムの設計・作成又は保守、電子計算機用プログラムの提供、デザインの考案、等





ビジネスパートナー



法律顧問: 水野健司特許法律事務所代表 水野健司(弁護士・弁理士)




Top